障子張り替えを定期的に行なう理由「室内の湿度調整が潤滑になる」

記事リスト

男性

調湿機能が便利

障子は和室の雰囲気を醸し出すと共に程よい採光性と調湿機能が備わっています。日本の風土に合わせたこの機能がハウスダストの軽減や喘息の負担を減らしてくれます。定期的に張替えをして、この機能を維持させましょう。

詳しく見る

日本の風土に適している

障子

湿度調整ができます

日本の伝統建具といえば、畳や襖、障子が挙げられます。和室特有の風情を演出するとともに、これらの建具には日本の風土に適応した機能が備わっています。障子は光を程よい明るさに抑えながら、室内を明るくしてくれます。雨風が強い日には障子を閉める事で室内を汚さずに済みます。また、冬場の寒さも障子を閉めるだけで室温を保つ機能が備わっています。障子が開発される前には屏風や簾が雨風を防ぐ役割でしたが、室内の温度を保つ機能が屏風や簾にはなく、寒い環境を我慢して生活している時期もありました。そして日本の風土は湿度が高く、梅雨の時期には室内がジメジメしてしまいがちです。障子は張り付けた和紙が室内にある湿気を吸収することができます。また、乾燥している時期には水分を吸収した和紙から室内へ湿気を吐き出すこともできます。そのため、障子紙は色褪せたり破けたりして張替えが必要になります。現在の障子紙は破けにくい素材が開発されたり、アジアンテイストの模様が付いた異文化を取り入れたものがあります。張替える事で利便性を追究したり、室内空間のイメージチェンジにも一役買っています。張替え専門業者へ依頼すると、さまざまな素材を紹介してくれます。日当たりが強すぎて光量を調整したいときや、室内を動き回って障子にぶつかってしまう小さな子供がいる家庭では生活環境に合わせて和紙を選択しましょう。また、定期的に張替える事で室内の湿度調整も潤滑にできるように生活環境を整える事が大切です。また、湿気対策といけば、換気扇の設置が最適です。インターネット通販をチェックすると、激安で販売されていることがわかります。障子を含め、住宅全体を湿気から守りたい場合は、購入して設置をすると良いでしょう。

部屋

専門業者に依頼もできる

多くの家の和室には障子は必要な建具で、日本の気候にも適していて梅雨時の不快感や夏場の日射しによる暑さを和らげてくれます。破れた時や変色した時には張替えが必要になりますが、障子の張替えは誰にでも簡単に行えます。張替え後は、部屋を新鮮な雰囲気に変えてくれる効果も高いです。

詳しく見る

障子

手間をかけずにキレイに

障子の張替えはかつてはご家庭で行うのが一般的でしたが、方法を知らない若い方が増えたり、高齢化や忙しいなどの事情でプロのサービスに人気が集まっています。建具屋さんをはじめリフォーム業者や便利屋さん、シルバー人材センターなど地域の業者を探し、実績ある業者に依頼しましょう。

詳しく見る

男性と女性

機能性がある建具

障子には太陽の光を和らげたり、部屋の湿度を整える機能が付いています。障子紙は日焼けをしたり外気の湿気を含むことにより和紙が劣化するので、毎年張替えをするとよいでしょう。さまざまなデザインもあり、部屋の模様替えにも最適です。

詳しく見る

作業員

自分でやるのもよい

障子はこまめに掃除すると汚れがつきにくいですが、それでも汚れたり破れたりしたら、習字紙で補修出来ます。しかし大きな張替えとなると弛みが出来てしまってうまく仕上がりません。障子の張替えは専門の業者に頼むのがいいでしょう。

詳しく見る