障子張り替えを定期的に行なう理由「室内の湿度調整が潤滑になる」

記事リスト

専門業者に依頼もできる

部屋

プロの技に期待

多くの住居の和室には、昔から障子が備え付けられています。障子は和紙で出来ていて、日本の気候にも適していて、室内を快適にしてくれるのが長い間ずっと利用されている理由です。和紙は半分ぐらいの光の透過性がありますので、直射日光を遮ってくれますが独特の柔らかい光を室内に運んでくれて、部屋を明るくしてくれます。吸湿性も高いですので、冬場の結露防止や梅雨時の湿気を抑えてくれて室内をひんやりと保ってくれます。ただ和紙で出来ていますので、日焼けする事が多く、少しの衝撃などで穴があいたり破れてしまいますので定期的な障子の張替えが必要になってきます。障子の張替えは、特別な道具や技術が必要なく誰にでも簡単に行えますので、簡単に手順を紹介します。張替えは、まずは古い和紙の除去から行います。水で濡らしたタオルなどで、こびりついた古い和紙を丁寧に取り除き、専用のりを丁寧に格子に塗ってから新しい和紙を貼っていきます。最後に大切な事が、張り終えた和紙に霧吹きなどで水分を与える事です。和紙は水分を含んで乾燥しますと縮む特性があり、これを利用して水分を与えますと乾いたあとがピンと張りつめた状態になり、張替えの仕上がり感がとてもきれいになります。自信できれいに張り替えられないという人は、専門業者に依頼しましょう。障子の張替えから交換まで専門的に引き受けている業者があるので、障子のメンテナンスに時間と手間を掛けたくない人にもおすすめです。