障子張り替えを定期的に行なう理由「室内の湿度調整が潤滑になる」

記事リスト

手間をかけずにキレイに

障子

任せて安心のサービス選び

和室の目隠しや日よけや保温、見た目の美しさなどにも活用される障子は、かつてはどの家庭でもご家族で年に一度のペースで張替えをしていたものです。年末に張替えを行い、新しいキレイな障子で新年を迎えるといったご家庭が多くありました。ですが、最近では障子を張替える方法が分からない若い世代も増えているほか、高齢になり体力的や身体的に作業が難しいご家庭や、忙しくてとても家族では張り替えていられないというご家庭、近隣で障子紙や糊を売っていないからできないケースなども増えています。そのため、張替えは専門の業者に依頼するのが基本となっています。一方、業者も多様化しており、昔ながらの建具屋さんをはじめ、リフォーム業者や工務店などが手掛けているケース、困ったことを何でも解決してくれる便利屋さんに依頼するケースなども増えています。また、定年退職をした方などがこれまでの経験や持っている技術などを生かして生きがいづくりや収入の確保のために作業を提供するシルバー人材センターの活用、大学生などの若者が高齢者や子育てで手が離せない方、忙しい方の代わりに作業をしてくれるサービスを利用する方法などもあります。昔馴染みの建具屋さんが近隣にあれば便利ですが、最近では後継者不足なや高齢化で建具屋さんの数が減っており、建具屋さんが近隣に見つからない場合には障子の張替え技術や実績を持つリフォーム業者や便利屋さん、その他の地域に根差したサービスを活用しましょう。