障子張り替えを定期的に行なう理由「室内の湿度調整が潤滑になる」

記事リスト

調湿機能が便利

男性

優れた採光性が特徴

日本家屋には欠かせない障子は、見た目の美しさだけでなく、さまざまな機能を持ち合わせています。昔、障子が生まれる前には簾や屏風によって室内の間仕切りをしたり、日差しを避ける建具として使用していました。しかし、冬の寒い時期に簾では寒気が室内に流れ込み、火鉢を置いて寒さをしのぐような環境でした。障子が開発されたことにより雨風を防ぎつつ、和紙を使用することで太陽の光を程よい光量に調整することができるようになりました。また、日本の湿度の高い気候にも障子は適応しやすくできています。湿気の多い梅雨時期には和紙が水分を吸収し、冬の乾燥したシーズンでは水分を吐き出す機能性が備わっています。そのため経年変化と共に和紙が劣化して張替えが必要になります。昔の住まいは年末になると障子紙を剥がし、きれいに張替えをする風習がありましたが、洋室が増えた現在では和室の障子の機能を見落としがちです。障子紙の調湿性能によりハウスダストが軽減できたり、喘息の人にとって程よい湿気が住みやすい環境を作り出してくれます。定期的に張替えをすることでこの機能が向上して、生活しやすい環境を維持させてくれます。張替える和紙は現在ではさまざまなものがあり、部屋の模様替えに利用されたり、破けにくい和紙など、利便性をさらに追求できます。障子の張替え業者へ依頼するとたくさんのサンプルを紹介してくれます。住環境を整えながら模様替えを楽しんでみましょう。